修正2-16

 

期間 : 2018年10月8日 〜 2018年10月14日

PLACE : GALLARY・LEDECO

 

写真展初日に発売されたPHOTO BOOK「SESSION」発売中!!

〜PHOTO EXHIBITIONとは異なった写真で構成されています〜

 

 

 

 

修正3-19 SESSIONNEWS

 

 

Yahoo!ニュース 矢印赤-18 CLICK!  LINEニュース 矢印赤-18 CLICK!  NewsWalker 矢印赤-18 CLICK!

荒木勇人×EXILE NESMITH TALK about “SESSION”(フォトテクニックデジタル12月号)

荒木紹介欄にてポスター掲載(SHOOTINGフォトグラファー+レタッチャーファイル2019)

PHOTO BOOK「SESSION」紹介(CANON PHOTO CIRCLE 11月号)

Photo Exbition欄にて紹介(フォトテクニックデジタル10月号)、朝日新聞デジタル、myLiFE+、

webサイト『ザテレビジョン』、@press、exciteニュース、BIGLOBEニュース、gooニュース、財経新聞、えんウチ、SANSPO.COM、徳島新聞Web、SankeiBiz、ロイター、ニコニコニュース、@nifty ビジネス、plginrt-project.com、Holiday、とれまがニュース、N+NewsRelease、Resemom、アートジェーン、Response、zakzak、StartHome、SEOTOOLS、RBBTODAY、Mapionニュース、Infoseekニュース、Blogpeople、ART NEWS RELEASE      and more

 

 

 

 

session3

HAYATO ARAKI 10th PHOTOEXIHIBITION無所属の様々な ジャンルの男たち × 荒木勇人 TITLE 「SESSION」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真集「SESSION」のamazonサイトはこちら




#SESSION100MEN
このハッシュタグを、ぜひSNSで盛り上げてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


messege

▼作品「SESSION」を作った理由
この度、フォトグラファーとしてデビュー10thを迎えるにあたり、
今、何を撮りたくて、何を見せたいか!!
それを追求して出した答えが、
俺のかっこいいから逃げずにストレートに向き合うことでした。
5年前、Canonギャラリーで発表した作品TOKYOも、
おまえは何を吐き出したいんだと、
自問自答を繰り返し、それを吐き出しました。

TOKYO


5年たった今も、やはり出た答えは、俺のかっこいいとは何だでした!!

そして、男をかっこよく撮る事に、拘っている自分がいました。
だったら、
男達とSESONすること!!!
これが今一番したい!
そこに行き着きました。
そして、100人の男を撮ると決めました。


▼なぜ100人にしたのか?
10thを迎えるにあたり、
ただ、一人の男を撮り下ろすのではなく、
自分の写真と向き合うためにも、
100人の男達とSESSIONしてみたいと思いました。
そして、100人の男達の写真展の方が面白いと思ったからです。
とんでもなく、大変でしたけど(笑)


▼どんな男達を選んだのか?
無所属の様々なジャンルの100人の男たちを
全てインスタグラムからオファーしました。
その男たちを選んだ理由は、撮影まで情報が不確かであり
一人一人のルールや見せ方、
その人が持つ圧や空気感をより感じる事ができ、
簡単ではないと思ったからです。

model2

SNSだと、実際に会う事もなく、撮影日がはじめましてになる。
そのドキドキ感も、この作品を作る上ではとても大事でした。


▼どんなSESSIONをしたのか?
自分のかっこいいと思う光と空間の中で、
被写体に思いをぶつけ、反応を感じ、またぶつける、
それを繰り返しSESSIONしていく中で変わっていく
被写体の表情を撮りました。
その表情は、はじめから思い描いていたものでなく、
俺と被写体とのSESSIONによってうまれたもの、
その予測不能な表情にこそ、俺の求める男のかっこいいが詰まっている。
相手と対峙する。そして、相手を認めたら、協力する。
その男のかっこよさを見たくて男達とSESSIONしました!!
撮影することで、
リスペクトする仲間が増えていく感じがいつもしています。
自分がPortrait撮影が大好きな理由はこれだと
作品を通して改めて思いました。

SESSIONモデルSESSIONモデル



▼最後に
この作品を形にして行く中で、改めて、自分の写真のスタイルは、
一人では決して成立しないんだなと感じました。
いつも支えて下さっている方々、この作品制作に、
協力してくれたみんなに感謝の気持ちを示す為にも、
その作品が一人歩きしてくれるように育てる責任があると思いました。
作品は、撮って満足ではなく、
みなさんに見て知って頂かなければ意味がなくなってしまう。
一人でも多くの方に、見て欲しいし、
いっぱい批評して頂き育てて欲しいです(怖)(笑)

写真は、すごく性格があらわれると思っています。
この写真展、写真集で自分の性格がバレるのが心配です(笑)

是非、写真展にお越しください!!
そして、写真集を買ってください(笑)!!

長文となりましたが、最後まで目を通して頂きありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

荒木勇人

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真集 「SESSION」

形態 : A4サイズ オールモノクロ予定

発売日 : 2018年10月8日

価格 : 2,480円(税抜き)

写真展の100枚と異なった写真が掲載されています!

Amazonにて絶賛発売中!

https://www.amazon.co.jp/dp/4991042801/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyrights©2019 Hayato Araki .All Rights Reserved.