写真展初日に発売されたPHOTO BOOK「SESSION」発売中!!

〜PHOTO EXHIBITIONとは異なった写真で構成されています〜

 

 

 

 

SESSION追加20181208-32

 

 

NEXT PHOTO EXHIBITION
SHIBUYA ヒカリエにて開催決定!

SESSIONNEWS

 

 

Yahoo!ニュース 矢印赤-18 CLICK!  LINEニュース 矢印赤-18 CLICK!  NewsWalker 矢印赤-18 CLICK!

荒木勇人×EXILE NESMITH TALK about “SESSION”(フォトテクニックデジタル12月号)

荒木紹介欄にてポスター掲載(SHOOTINGフォトグラファー+レタッチャーファイル2019)

PHOTO BOOK「SESSION」紹介(CANON PHOTO CIRCLE 11月号)

Photo Exbition欄にて紹介(フォトテクニックデジタル10月号)、朝日新聞デジタル、myLiFE+、

webサイト『ザテレビジョン』、@press、exciteニュース、BIGLOBEニュース、gooニュース、財経新聞、えんウチ、SANSPO.COM、徳島新聞Web、SankeiBiz、ロイター、ニコニコニュース、@nifty ビジネス、plginrt-project.com、Holiday、とれまがニュース、N+NewsRelease、Resemom、アートジェーン、Response、zakzak、StartHome、SEOTOOLS、RBBTODAY、Mapionニュース、Infoseekニュース、Blogpeople、ART NEWS RELEASE      and more

 

 

 

 

session3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Araki Hayato 10th Photo Exhibition.

 

『SESSION』について

 

 

 


作品『SESSION』は、俳優の写真集等を数多く撮影する写真家荒木勇人のプロ写真家デビュー10周年作品として、100人の男達と1対1の熱い撮影バトルにより撮り下ろした写真を、写真展&写真集として発表した作品です。

 

 

 

photographer荒木勇人による写真展SESSIONがギャラリールデコにて開催された



▼モデルとなった100人の男達
100人の男達は、全てインスタグラムからオファーした。
芸能事務所等に所属(2018年8月調べ)をしていない
様々な職業やジャンルの男達です。
インスタグラムからオファーする事で、
撮影前まで情報が不確かになり、
初めましての緊張感が出来上がる。
そういった環境の中で、相手に熱をぶつけ、その反応を感じ、
それを繰り返す事でしか生まれない表情を追求したかったからです。



▼撮影環境について
SESSIONは、表情だけで勝負することに拘った作品です。
光を削ぎ落とし、色や背景の力に逃げず、
UPの写真に挑む事で構図の逃げ場も無くし、
男達の表情と向き合うためだけの環境を作り上げました。



▼ヘアメイク・スタイリストさんについて
SESSIONでは、ヘアメイク・スタイリストさんをつけていません。
なぜなら、ブラッシュアップされた状態ではなく、
等身大の姿から撮り始めたかったからです。



▼作品の仕上げ(プリント)について
作品を仕上げて行く中で大事にしたのは、
完璧、綺麗に仕上げないことでした。
粗さを生かし、髪の毛の流れも意図として作ったものではなく、
撮影の中で生まれたもの、
そういった現場で起こったリアルを壊さないためにも、
顔や体の輪郭等のリタッチはしませんでした。



▼本の仕様について
この本の仕様は、あえて汚れたり傷ついたり、
風合いが変わっていく仕様を選んで作りました。
かっこいい男には、味があると思う。
レザーのように使う人によって味の出方が変わってくるだろう。
10年、20年とこの本がどんな風に年を重ねるかを
楽しんで頂けたら嬉しいです。
ぜひ、手にとっていただけたらと思います。



▼最後に
「SESSION」は、相手に思いをぶつけ、反応を感じ、またぶつける、
それを繰り返しSESSIONしていく中で
変わっていく男たちを写した作品です。
それははじめから思い描いていたものでなく、
俺とのSESSIONによって生まれたもの、
その予測不能な表情にこそ
自分の求める男のかっこいいを表現出来ると信じて挑みました。
ですが、人を撮るということは、綺麗事だけでは上手くいかない。 
人に思いを伝えるのは時には怖いし不安にもなるが、
逃げずにSESSIONする必要が自分にはありました。
熱や愛情を伝えたくても、100%上手く伝わらず凹むこともあるし、
人に疲れ人に癒されもする。
それでも人を信じるには、かなりの熱がいる。
その熱を持つことも自分にとって大事な事でした。
だからこそ100人から逃げないで自分の写真を表現しました。
いつも支えてくれているみなさま。
ありがとうございます。
これから出会うみなさま。
よろしくお願いします。
みなさまの反応がこの作品『SESSION』を動かしてくれるので、
これからも、発信し続けます!
SESSION IS TO BE CONTINUED…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

amazon-23

 

 

 

 

 

InstagramTwitter #かっこつけて何が悪い#かっこつけて何が悪い #挑むことを恐れるな#挑むことを恐れるな #SESSION100MEN#SESSION100MEN #荒木勇人#荒木勇人

 

 










10th Anniversary Photo Exhibition


SESSION

挑むことを恐れるな




渋谷ヒカリエにて開催決定!!




渋谷ヒカリエ 8/CUBE1,2,3

2019.06.18(火) ~ 2019.06.30(日)



#かっこつけて何が悪い





 

 

 

 

 

  insta

 

 

 

 

 

Copyrights©2019 Hayato Araki .All Rights Reserved.